ウィル・ガードナー - 海外ドラマ DVDレビュー

スポンサードサーチ

ウィル・ガードナー

*注意 今回はグッドワイフ日本未放送分のネタバレがあります。

海外ドラマNAVIで知ってしまった人も多いと思うけど、グッドワイフのウィル・ガードナー役「ジョシュ・チャールズ」が番組を降板した。

あのウィルが乱射事件に巻き込まれて死んでしまうという最期だったそうだ。

ウィル・ガードナーといえば、弁護士としては熱くて、正義感もあり、大物に屈しない。女性に優しく、シカゴの女性が選ぶ結婚したい独身男性ベスト16?(笑)に選ばれるほどのモテ男。ところが実は学生時代からずっとアリシアに思いを寄せているという設定。

このアリシアに惚れているというところが、このドラマを本当に面白くしていた。そしてアリシアもほぼウィルと同じような気持ちでいたというのが、さらに視聴者を惹きつけていたと思う。

とはいえグッドワイフを冷静に見ると、ウィルとアリシアがついに付き合うようになるシーズン3から視聴者数がガクッと落ちる。これが間違いだと気づいたのか、シーズン中に2人を別れさせるのだけど、全く効果はなくシーズン4では更に下降する。

それでもまだまだ高視聴率なのだけど、グッドワイフは制作費が高いことで知られているので打ち切られる危険はある。そういう意味もあってのジョシュ・チャールズの降板だと思うけど・・・

長年想い合ってきた2人がようやく結ばれ、そして別れた。別れの原因は、人妻のアリシアとの交際をウィルがダイアンに強くに反対されたというのがあるけど、実際の理由はアリシアがウィルではなく子供(家庭)を選んだということだった。

このドラマ(アリシア)が、この選択をした以上、グッドワイフが向かうストーリーは、ピーターの大統領選を支える家族の物語か、アリシア自身が大統領選への道を進むかしかないように思う。なので制作費の問題だけでなく、ストーリー上もこの降板は必然だったようにも感じる。

自分の考えでは、最終的にアリシアはピーターと離婚しウィルとの道を選ぶと信じていたので、この降板は本当にショックだ。最初は「この製作陣は何も分かっていない!」と思ったが、今は少し考えが変わってきた。

ウィルのカッコよさや優しさは、男から見ても憧れるものだったし、特にアリシアに対する彼の一貫した態度は気持ちが良かった。ああいう恋愛というのは、現実ではなかなか難しいよね。あれは妥協することが一つもない関係だから。まあそういう理想のような関係だったから、このドラマに多くの人が惹かれたのだと思う。

そして制作者も視聴者のそんな気持ちを理解した上での決定だったのだろう。よく考えると、このドラマを再び成功させるには、これしか手がないと思う。ウィルがいたらアリシアは夫を選ぶことは出来ないだろうし、別れるにしても時期が早すぎる。

それでもこの降板は久しぶりにショックだった。例えばパーソン・オブ・インタレストでリースが降板する、スーツでハーヴィーが降板するなんてあり得ないことだ。だがグッドワイフではそれが起こってしまった。

ただ単純に番組の都合ではなく、もしかするとジョシュ・チャールズが望んだものという可能性もあるんだよね。彼に何か魅力的なオファーがあったのかもしれない。または新婚だというジョシュ・チャールズが家庭の時間を持ちたがったのかもしれない。

そのグッドワイフ、日本ではシーズン4の放送が始まったばかりで、シーズン5が放送されるかすら分かっていない。なのでまだ当分先の話だ。今はあまり考えないでおこう。

ただ正直言うと人生が少し暗くなってしまったように感じる。それほどウィル・ガードナーは魅力的な役だった。

グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン2 DVD-BOX part1


最後にそのウィルのシーンですごく好きだったものをいくつか。

まず一番好きなのはS2の最終話。
この一話は今までに見たすべての海外ドラマの中でも一・二を争う傑作だと思う。シーンで言えばタイトルにもなっているウィルの最終弁論。これはアツかったしカッコ良かった。そしてこのエピソードの最後シーン手前。ウィルとアリシアがホテルの部屋をとるシーン。あの受付でのシーンは伝説的だと思うね。


あとウィルの2人の妹が登場したS3のE16。
ウィルが死んだと聞いて最初に思い出したのがこの妹達。面白い妹達だったけど、兄貴を誇りに思い、心配して、幸せを願う優しい2人だった。ウィルの謹慎を聞いて励ましに来たという設定だったけど、シリアスな演技が多いウィル・ガードナーにこの妹と言うのは本当に笑えたいい選出だったと思う。


そしてこれはウィルのシーンではないけど、S2のE8 アリシアが仕事で盗聴テープを聴くシーン。ここで偶然に盗聴されていたウィルからの電話を聴くのだけど、この時のアリシアの反応には驚いたな。ああ、アリシアもそんな風に思っているのかと。ウィルもアリシアも冷静でクールだから、ああいう反応をされると視聴者はウレシイというか、期待が高まるよね。

あとは珍しくウィルのスーツではない服装が見られたエピや、ピーターとの対決シーンなど、思い出すものはいくらでもある。ただよく考えるとやっぱりシーズン1と2に集中している。この頃はストーリーの厚みが今とは全然違っていて、ケタ違いに内容のあるドラマだったから。

色々書いたけど一番書きたかった事は唯一つ、ジョシュ・チャールズが降板したのがただただ残念だということだ。



2014-04-05 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 海外ドラマ DVDレビュー All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。