シン・シティ2 - 海外ドラマ DVDレビュー

スポンサードサーチ

シン・シティ2

今年の夏に公開予定の映画「シン・シティ2 / A Dame To Kill For」について。

まずこのシン・シティといえば2005年に第一作目が公開されている。当時の日本での評価をあまり覚えていないんだけど、TVなんかでは日本映画の監督が「最悪の映画」とか、「殺しのシーンしか無く中身もない」なんて評していたのは覚えている。

といっても、全米ではしっかりヒットしたぶん日本でもそこそこ良かったと思う。まあ日本人の中には、こういう娯楽映画を低評価するとカッコイイみたいな、変な意識とプライドみたいなのが昔からあるよね。死ぬまで間違いなく一度も見ないであろうマイナー監督が何を言おうが、オレ的には全然いいのだが、そんなことよりこのシン・シティ2、間違いなく面白いと思う。

シン・シティ スタンダード・エディション [DVD]
(↑は一作目)

役者は1作目とほとんどが被るんだけど、変更点ではジョゼフ・ゴードン=レヴィットの加入が大きいね。彼は非常に評価の高い俳優だけど、シン・シティ2ではどんな演技を見せてくれるのか?

ただロバート・ロドリゲスが監督をするのだから、面白く無いはずがない。相変わらずバカでアホでカッコイイ、いつものスタイルを見せてくれるのだろう。

今回もタランティーノは参加するのだろうか? まあ彼がいなくてもロバート・ロドリゲスはメチャメチャ面白いからなぁ。

ということなんだけど、ここは海外ドラマ関連のブログなので、そのへんからもシン・シティ2の見どころを書いておこう。

まずシン・シティ2に出演が決定しているお気に入り女優といえば「ジェイミー・キング」。

ジェイミー・キングはハート・オブ・ディクシーのレモン・ブリーランド。あまりモデル体型の女優は好きじゃないオレでも、この人のカッコよさは最大限リスペクトしている。とにかくモデル体型のブロンドだからだけじゃなく(ま、それもあるけど)、ジェイミー・キングはキマっている。

あと今回初登場で主役級の「エヴァ・グリーン」。男はみんなエヴァ・グリーンを好きなんだけど、もちろんオレも大好き。007の神がかったボンドガールは別格としても、それ以降の映画でも相変わらずだよね。

当初エヴァ・グリーンの役はアンジェリーナ・ジョリーにオファーしていたそうだが、個人的にはアンジーよりエヴァだなぁ。

それと今回もジェシカ・アルバが出演するそうだけど、前作のシン・シティでジェシカ・アルバの子供の頃、ちょうどブルース・ウィリス演じる刑事に助けられるシーンを演じていたのはグッド・ワイフでアリシアの娘「グレース」を演じているマッケンジー・ヴェガなんだよね。

マッケンジー・ヴェガは今回クレジットされていないけど、この子の演技も悪くなかった。また出られればいいと思うけどね。


エヴァ・グリーンの公開禁止ポスター



シン・シティ2 エヴァ・グリーン.jpg

うん、この程度で禁止は、やり過ぎかな?
コミック調だしねえ・・

でもエヴァ・グリーンはやっぱりイイね。
セクシー過ぎるのは、このポスターじゃなくて、エヴァ・グリーン自身なんじゃないの?

相変わらずスタイルも完璧なんだろうな。
この人の自身に満ちた立ち振舞が素敵だよ。




2014-04-26 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 海外ドラマ DVDレビュー All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。